vio脱毛、最初はどんな感じ?

vio脱毛とは、Vライン、Iライン、Oラインをまとめた言葉でアンダーヘアの施術のことを意味します。他の部位より毛が太く、濃いという特徴があり、存在感があるので施術することですっきりさせる効果があります。しかし、デリケートゾーンの脱毛はどのようなものか、施術を実際に受けるまでには不安がつきものです。
最初に脱毛vioやり方を受ける時は、まず紙製のパンツに驚く人が多いです。いくらアンダーヘアの施術だからといって、下半身が丸裸になるということはありません。使い捨ての紙製の下着が用意されているので、はきかえて施術を受けます。施術代に寝ている状態になり、スタッフが紙製のパンツをずらしながら施術を行います。vioという部位ですから、当然最初は羞恥心があります。Vラインは寝たままでの施術が可能ですが、Iラインは片方の脚を曲げた状態で行います。できるだけ恥ずかしさを感じないように、スタッフも会話をするなど工夫をしてくれます。また、脱毛の施術というのは、太い毛ほど反応しやすいので、痛みが強くなる傾向があります。vioの施術の際には、痛みが強い場合には我慢せずに、スタッフに告げて出力を下げてもらいましょう。我慢を続けていると肌トラブルにつながってしまう恐れがあります。vioの毛は生え変わりのサイクルが定期的ではないので、脱毛の回数が他の部位と比較すると多くかかります。施術をしてすぐに毛が減らなくても焦る必要はありません。